フォルスクラブが香港市場で上場する可能性を考える

New Item Name New Item NameNew Item NameNew Item NameNew Item NameNew Item NameNew Item Name


証券取引所の中で、香港市場は比較的に外国企業の上場がしやすいです。
フォルスクラブも香港市場で上場できる可能性は決して0ではないと言えます。

フォルスクラブが香港市場への参入を果たすなら、
いくつかの審査を潜り抜けないといけません。
単純な営業利益で見ても、
年間で2千万香港ドル(約2億6000万円)以上稼がないといけません。

どれくらい稼いでいるかは分かりませんが、
フォルスクラブが香港市場への上場を果たすなら、
とにかくお金を稼がないといけなくなります。
香港ドルが基準なので、円安の時が狙い目かもしれませんね。
ただし、上場の審査は数ヶ月にも及びますので、
その間に為替レートは変動すると思います。
イギリスのEU離脱を問う選挙の時に、
アメリカドルと香港ドルがかなり安くなったので(円高になった)、
そうした政治状況を予想するのも重要だと言えます。

もちろん、ただ稼ぐだけでは上場することは出来ません。
企業経営の健全性や、内部管理体制の有効性など、
多数の項目を審査されます。
また、フォルスクラブが香港市場へ参入するなら、
香港の法律も守らないといけません。
どこの国もそうですが、上場はとても難しいのです。

香港市場での上場がしやすい理由はいくつかありますが、
香港の企業数自体が少ないのが挙げられそうです。
東京都の半分くらいの小さな面積になるため、
物理的に企業の数自体が少ないのです。
それゆえ、籍を香港に置きつつ、
実際の経営は中国本土で行う企業は珍しくありません。
企業の数自体が少ないので、
香港は外国の企業を受け入れやすい制度を設けています。
それでも高い難易度を誇りますが、
香港市場は世界でも狙い目の証券取引所だと言えます。